どどめいろ

ハナダの連絡帳

ノマドランドは現代人にとって意外と身近にある現実

f:id:ymk_gypsy:20220317180926j:image

ディズニープラスで配信が開始していた「ノマドランド」。

映画放映当時から話題になっていたので気になっていた作品です。

ちょうど仕事も一区切りついたので観てみたのですが、スーッと体に染み入るお水のように入り込みやすい作品でした。わたしはとても好きです。

ノマドランドは現代そのものの姿を表した作品

f:id:ymk_gypsy:20220317180947j:image

ノマドランド(原題:Nomadland)は、会社の破綻とともに住む家を失い、バンとともに生活を送る現代の放浪生活を描いた作品です。

この題材、とても現代的で、日本でもありそうな風景に思いました。

正社員に就かず、短期の仕事をしながら生活する人は日本でも増えています。

現にわたしも正社員での働き方が合わず、フリーランスをしているので、”現代のノマド”と言っても過言ではありません。だからこそ、なんだかノマドランドは人ごとではないなと思ったのです。

現代のノマドを起用した”リアル”感

f:id:ymk_gypsy:20220317180939j:image

ノマドランドは、現代のノマドたちを実際に起用し、作品として収めたそうです。

俳優には出せないリアル感を覚えたのは、こういうことかと納得しました。

また、ノマドランドには普通の映画にあるようなラブシーンやアクションなど、大きな展開がないところもリアル。

日常生活って、地味ですよね。

その地味な部分がよく表れていてとても良かったです。

普通の映画を期待するとガッカリしてしまうかもしれませんが、リアル感ならノマドランドはなかなかのものではないでしょうか。

海外映画にしては、日本作品にありそうな作品だと思います。「かもめ食堂」なんかが好きな人にはハマるかもしれません。

リアルだからこそ心に刺さるものがある

ノマドランドは、主人公に感情移入するような作品でもないと思いました。

ラブストーリーのようにときめきがあるわけではないし(ないことはないけど)、アクションのようにドキドキハラハラがあるわけでもない。

だからこその日常リアル感は、何か心に刺さるものを感じました。

この作品では人と人の出会いにフォーカスしている場面が多いのですが、わたしが中でも特に好きだったのが、まだ若い少年と出会うシーンです。

タバコを吸っていたところに近寄ってきた少年は、再会したときに自身のことを少し話してくれます。彼には故郷に彼女がおり、手紙でやり取りをしていることを主人公に伝えると、詩を贈るといいとアドバイスを受けました。

この詩がとても美しかったので引用します。

君は夏の日よりもー

美しく 穏やかだ

風が5月のつぼみを散らし

夏の輝きはあっけなく終わる

太陽は時に照りつけ

かと思えば 暗く陰る

どんな美しいものも

いつか衰える

偶然か

自然の成り行きによって

だが 君の永遠の夏は

色あせず

美しさが失われることもない

ましてやー

死神が 君を

死の影に誘うこともない

君は永遠に詩の中に生きる

人が息をし 目が見えるかぎり

詩は生き続け

君に命を与え続ける

これは、主人公自身のための詩です。亡くなった夫と、そして家族と過ごす日々は思い出の中で生き続ける。

これぞノマドランドの伝えたかったテーマの一つなのだと思います。

映画館で観ておけば良かったと後悔した作品

ノマドランドは起承転結こそあまりないものの、ノマドたちのリアルな日常の一コマから何かを感じ、得ることのできる繊細な映画だと思いました。映像も音楽も美しくて、これは映画館で観ておけば良かったと後悔です。久しぶりに良い映画を観た。